当院について

妊娠中絶はおひとりで悩まないでください

中谷レディースクリニック院長、中谷剛彬は、長年一貫して産婦人科に取り組んでまいりました。
代表的なものとして、世界で初めて早産を引き起こす羊膜炎の原因解明とその治療法を確立し、1982年アメリカのインターサイエンス学会にて発表しました。
その後日本でも認められ、その治療法は現在に至るまで早産の恐れのある妊婦さんの治療に生かされています。
また、胎児の心臓がどのように動いているのかを調べる「分娩監視装置」の開発と、高度精度化にも携わっております。
この分娩監視装置は、妊娠検査ではおなじみの装置として現在も使用されています。

院長紹介

私は、勤務医時代にはなかなかできなかった「患者様おひとりおひとりにじっくりと時間をかけて向き合う」ということを実現するために当院を開業しました。
自分が長年積み重ねてきた経験を活かしで行きたいと考えています。
ぜひ安心してご相談くださいね。
中谷レディースクリニック院長 中谷剛彬

略歴

昭和44年
名古屋市立大学 医学部 卒業。
昭和49年
大学院修了(コラーゲン、ヒアルロン酸の研究)、医学博士号取得、母体保護法指定医認定。
昭和50年
〜平成9年
愛知県立看護大学、名古屋市立大学、名古屋市立看護学校、名古屋市立中央看護専門学校の各講師兼任。
昭和52年
日本産科婦人科専門医認定。
昭和57年
米インターサイエンス学会にて早産の解析と治療を講演、ASM会員に推薦される。
平成2年
名古屋市立緑市民病院に赴任。悪性及び良性腫瘍の手術治療に専念。
平成12年
〜平成22年
名古屋市立緑市民病院を辞し、その後中根産婦人科、刈谷ジュンレディースクリニック、山田クリニック、まんばクリニック、竹内病院等に応援勤務。
平成19年
〜現在
アロマテラピーアドバイザー資格取得。
その後その活動及び美容医療を種々研究、専念。
平成22年
〜現在
中谷レディースクリニック開院。
現在に至る。

所属学会

  • 日本産科婦人科学会
  • 日本不妊学会
  • 日本産婦人科感染症研究会
  • 日本産婦人科ME研究会
  • 日本周産・新生児学会
  • 日本内分泌学会
  • 日本化学療法学会
  • 日本感染症学会
  • 日本炎症学会
  • 日本ウイルス学会
  • 日本結合識学会
  • ASM(American Society of Microbiology)
  • 日本癌治療学会
  • 日本肥満学会
  • 日本栄養食糧学会
  • 抗加齢医学会
  • 日本更年期学会

中谷レディースクリニック
〒468-0015 愛知県名古屋市天白区原1-1905
星和原コーポラス2F

ページ上部へ戻る